財産・資産の有無

通帳次は財産や資産があるという方は、当然ですが相続税の対象となります。不動産も資産に含まれるのですが、ここで言う財産とは現金や家具家電なども含みます。近年はそういう家庭もとても多くなっているのです。例えば、親の世代が貯金を1,000万円していたとすると、それを残された家族が相続することになります。配偶者はもちろん、子供がいる場合はそちらにも相続することになります。日本の税金システムでは、それらの相続に関しても税金が課せられるのです。おかしな話だと思うかもしれませんが、それは義務でもあるので注意が必要です。

特に現金などの相続に関しては、家族とトラブルになることもあります。残された家族で分けるとは言っても、それぞれの関係性によっても金額は違ってきます。だからこそ、そこでトラブルが発生することもあるのです。そういう場合も、基本的には税理士を通して相談するようにしてください。そうすることで冷静な話し合いが可能となり、相続自体を上手に進めていくこともできます。また、それらの金額に合わせて、税金対策などをどうやっていくのかについても、考えていくことができます。面倒だと思うかもしれませんが、今後必ず必要となってくることなので、知っておいて損はありません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket